寂聴系薬剤師の贈る四柱推命「輝く人生への処方せん」

四柱推命で自分の心と身体の本質を知り、薬膳でより輝くためのサポートをする...四柱推命鑑定師×薬膳の道を精進中。

自分が”それでいい”と思ったことが正解。

娘の1歳半健診に行ってきた。

歩きも喋りもしっかりしてきて、日に日に成長を感じている。

歯も綺麗だし、発達も問題無し。ベテラン(と見られる)女医さんからは

 

「1人目?お母さんもお子さんも落ち着いているわね〜」

「他の子と比べても大分しっかりしている。会社員というよりは自分で起業して働きそうね!」

子育て、この調子でいいわよ〜」

 

と、もはや健診とは何ら関係ないことも言われたりしながら滞りなく終えた。

褒められたことは嬉しく、こうして早速記事にしているわけだが(笑)私が母親として何かしているかと言えば誇れることはなく一言、適当である。以前テレビで、芸人の有吉さんが

 

「最近は除菌除菌と言うが、俺らが子供のときなんて山で土食ったりしていたわけだから(笑)今さら”除菌”なんて関係ない」

 

という言葉に感銘を受けている、くらい適当ですw

強いて気をつけているのは、死なないように娘の個性の伸びの邪魔をしないようにぐらいだろうか。

 

私は何よりもまず私の機嫌をとることを心がけている。

娘は超絶かわいいが、私1人で出かけたいときは旦那氏に預けて出かけるし、裁縫が面倒臭いから保育園の布団カバー類は楽天で頼んだ。(名札付けだけは泣く泣くやったが)料理もしたくないときはしない。娘がご飯食べたがらないなら、無理に食べさせないし。(食べたくないときは私も食べないし)

 

妊娠中から不安になることを一切なかった。

何かよくわからないが娘に対する絶対的な信頼感を私はもっている。

私を母に選んでやってきている時点でスボラな母親の元でも育つスペックを持っていると信じている。

 

私を見て、娘が自分大好き♡自分が一番大事♡と思ってくれるといいなと思う。

そして、子育てのタイミングで子宮委員長はるちゃん始め、これからの時代の価値観を発信している方々に出会えたことをありがたく嬉しく思う。